洗顔石鹸の選び方

 

「あなたは洗顔石鹸はなにを使っているの?」

 

そんな話題になったことってありますよね。女性の会話の中で、一度は経験したことがあると思います。普段お化粧をしている人の顔を見て、「いいな」と思えば「そのファンデーションってどのメーカーのを使っているの?」と聞ける機会も多いですが、普段、家で使っている洗顔石鹸については、自分が興味を持った時でないと人にはなかなか聞かないものです。

 

photo23

 

でも、他の人の洗顔石鹸に興味を持ったそのときが、今使っている洗顔石鹸を変えるチャンスなのかもしれません。今、アンチエイジングや美容の情報が氾濫しているこの世の中で、どの洗顔石鹸を選んだらいいのか…たくさんの商品の中でどれを選んでいいか分からない・・・CMや広告でよく見るあの商品って実際どうなんだろう・・・今はたくさん出回っているので本当に迷ってしまいますよね。

 

そんなあなたに、ここでは洗顔石鹸の選び方をご紹介します。順を追って取捨選択していくことで、漠然とあなたが求めている洗顔石鹸はどんなものかが見えてくるはずです。あなたの大事なお肌に直接触れるものですから、衝動買いする前にチェックしてみてくださいね。

 

肌質

 

あなたのお肌は、普通肌ですか?乾燥肌ですか?脂性肌ですか?それとも…混合肌ですか?ご自身のお肌の今の状態をしっかり把握しておきましょう。お肌にあった石鹸選びが大切です。

 

季節

 

次に、石鹸を使う季節によっても、石鹸選びは変わってきます。春は、季節の変わり目。乾燥気味の天候から、暖かくなって、徐々に強くなる日差しや、花粉やほこりの季節ですね。夏は、汗や紫外線や冷房でダメージを受けた肌はだいぶ疲れています。秋は、夏のダメージから、季節の変わり目で乾燥対策も大事な時期ですね。冬は、冷たい空気や暖房など乾燥しやすい状態になりますね。どの時期に、どの洗顔石鹸をチョイスするのかを見極めるのが大切ですね。 

 

生活・用途にあったものを

 

固形か、フォームか、ジェルか、泡か。様々な種類が出回っていますが、お好みもあるかと思います。忙しい朝に固形の石鹸では泡立てるのに時間がかかります。そのときは泡フォームなど、用途やシーンに応じてチョイスする方法もありますね。 

 

客観的に自分の肌を把握する

 

化粧品を扱う美容部員さんのいるところでお肌の状態を調べてもらうのも良い方法です。。客観的にお肌を見つめて状態を把握することも洗顔石鹸選びの近道です。この方法をここに入れたのは、ここまで石鹸をご自身のチェックで絞り込んでいくようにやってきましたが、実際には、正確なお肌の状態を知らないと見当違いな石鹸を選んでしまいます。優しい美容部員さんに出会えたら、あなたのお肌に合ったサンプルから試すこともできるので、より失敗も少なくなりますね。

 

石鹸選びは、あなたのお肌の状態(お肌のタイプ)から始まります。季節やシーンに応じてまずはじっくり考えてから選びましょうね。

 

ランキング人気洗顔石鹸はコレだ!


01


ビーグレン


100b

b1

公式

02


草花木果透肌


touki

b2

公式

どろ


どろあわわ


どろ

b3

公式



洗顔石鹸選び方間違ってない?【押さえるポイント3つ!】記事一覧

ここでは、洗顔フォームについてお話しします。(ここでは、洗顔フォームは、固形石鹸でない。)"洗顔石鹸"とひとことで片付けることが出来ないのが、洗顔フォームです。洗顔フォームには成分表示が細かく表示されているので、成分をよく見極めることが出来、ご自身に合ったものを選べることが容易に出来る代物です。しかし、洗顔フォームは、各メーカーからたくさんの種類が出ていますので、店頭で悩んでしまうことも多いかと思...

最近はアイメイクが主流で、クレンジングが必須の方も増えているようです。洗顔の前のクレンジングで、オイルクレンジングを使っている方もいらっしゃるかと思います。ここでは、あなたに合ったオイルクレンジングの選び方をご紹介します。アイメイクアイメイクは薄めですか?濃いめですか?濃いめの方には、洗顔前のクレンジングの必要性が大です。洗顔石鹸や洗顔フォームのダブル洗顔では落ち切れないメイクの方も、クレンジング...

ここでは洗顔の順序について詳しくお話します。今まで、洗顔を何となくやっている人もいらっしゃったり、ご自分で試行錯誤されている方も、この方法は基本的な洗顔の順序ですので、是非お試しくださいね。顔周りをスッキリさせる洗顔の準備!髪をしばったり、ヘアバンドなどで、おでこに髪がかからないようにしましょう。特におでこなどは皮脂の溜まりやすい場所です。髪の生え際などはすすぎ残しが多い場所でもあるので、しっかり...

洗顔によってお肌がピリピリしたり、ガザガザになったり、肌にトラブルを抱えていたり、お肌の弱い方は基本的な洗顔でもお肌にダメージがかかってしまって、思うような洗顔が出来なかったり、洗顔に試行錯誤したり、様々な工夫をしていると聞いています。ここでは、肌に負担の少ない洗顔方法についてお伝えしていきますね。特に乾燥肌の方は、洗顔による乾燥に注意をしなければなりません。洗いすぎではないのに、洗い上がりに乾燥...

皆さんは一度に何回の洗顔をしていますか?一度洗いですか?それとも二度洗い(ダブル洗顔)ですか?一度洗いでも充分だという方もいらっしゃるかと思いますが、メイクで落としきれなかった汚れを落とす方法として、ダブル洗顔を行っている方もいらっしゃるかと思います。ここでは、ダブル洗顔についてお話しします。皆さんのお肌のコンディションによって洗顔の方法は様々ですが、ダブル洗顔の利点は、先にも挙げましたとおり、メ...

洗顔する上で大事なことは、洗顔をする時の泡がどれだけ泡立ちがよいかにかかっています。あまり泡立たないままそのまま慌てて洗顔して、お肌をゴシゴシ洗ってしまっては、お肌を傷つけてしまいます。それによって、お肌は痛めつけられ、シミやくすみの原因になってしまいます。でも、洗顔石鹸や洗顔フォームの泡ってなかなかうまく泡立ちませんよね。うまく泡立てられなくて泡立てるのに時間がかかってしまうと、洗顔もなんだか面...

人は一日にどのくらいの回数を洗顔をしているのでしょうか?例えば、朝、夜の2回や、朝、昼、夜の3回、朝から夜まで何度でもなど、回数は人それぞれかと思いますが、では果たして、洗顔は何回まで行うのが理想的なのでしょうか。◆ 美容部員さんに聞いてみました!様々なメーカーの美容部員さんにお聞きしたところ、ほとんどが「朝、晩2回で充分」という回答を得ました。ではそれはなぜか?答えは「洗顔はメイク以前にお肌にと...

身近な人に聞いてみました。洗顔での失敗談です。あなたにも、あんなこと、こんなことありましたか?もう同じ失敗を繰り返さないように、ミニ解説とミニアドバイス付きです。「夏は、冷たい水で洗うと気持ちがいいので、バシャバシャと何回も洗っていたら、何故かおでこのあせもが全然治らない。おかしいなぁと思って皮膚科に行ったら『水で洗うからダメなの。ぬるま湯で洗わなきゃ』と言われて水はやめました。」(A子さん)*水...

今現在、多くの洗顔料が発売されていますが、あなたはどんな洗顔料をお使いですか?洗顔料は大きく分けて、"固形石鹸"と"洗顔フォーム"のふたつに分けられます。それぞれの特徴を知ることは、ご自身の洗顔料選びに役立ちます。◆ 固形石鹸固形石鹸は手に収まる大きさが多く、泡が立ちやすいものも増え、最近人気です。もっと泡立てたい時は、泡立てネットを使うとより効果的ですね。成分や製法は石鹸によってだいぶ異なります...

洗顔石鹸(ここでは固形石鹸のことを指します)は、文字通り、洗顔だけに使っていますか?洗顔だけじゃもったいない!ここでは洗顔石鹸の様々な使い方についてお話しますね。洗顔用に買った石鹸。買ったのはいいのですが、残念なことにお肌に合わなかった・・・・・・そんな経験ってありませんか?石鹸の使いかけは、ちょっと人には譲れませんし、捨てるには惜しいし・・・そんな行き先のない石けんの活用法をお伝えします。体を洗...

お肌の汚れの種類はさまざまです。ここではメイク汚れ以外の汚れについてお話しします。その汚れは大きく分けて、汗・ほこり・垢・皮脂・そして国民病と言えるほど、近年飛散の多い花粉があります。これらの汚れを落とすコツを分類別で解説します。汗まず汗の汚れです。汗の成分、それは水です。水なら汚れではないと思いがですが、この水(汗)の中に含まれているのが、塩化ナトリウム、つまり塩分です。汗は汗腺から出ますが、人...