アトピーの人の洗顔料

アトピー肌の洗顔について

 

 

粋練り石けん とわだ

とわだ

☆ 肌のバリア機能を守って洗う
☆ ガゴメ昆布フコイダン・オリーブバージンオイル配合
☆ 香料着色料防腐剤界面活性剤金属封鎖剤全て無添加
koushiki

 

ファンケル

ふぁんける

☆ あの人気クレンジングと洗顔パウダーのセット
☆ 徹底的な肌ストレス回避の無添加っぷり!
☆ ポーチ、洗顔ネットつき
☆ 返金保証つき・送料・手数料無料
koushiki

 

 

アトピー肌は洗顔、迷いますよね・・。

 

アトピーといってもその洗顔方法はその肌の状態によってさまざまで、一概にその方法がベストというものではありません。その人の状態によって合う方法は異なります。

 

ここでは、ごく一般的な方法の一部をご紹介します。大事なお肌のことです。アトピーの方は通院されている方も多く、自己判断での洗顔は大変リスクが高いので、主治医の先生とよくご相談の上お試しされるようご注意くださいね。

 

13

 

アトピー肌の洗顔の基本

 

アトピーの肌の方がなんのためらいもなくそこにある石けんを使うのはとてもリスクが高いことはご自身の経験からよくご存じだと思います。慎重な石けん選びから始まる洗顔。この洗顔にもコツがあります。

 

まず朝晩の洗顔ですが、石けんに頼り過ぎて洗いすぎないように気をつけましょう。

 

石けんも泡立ちのよいもので、すすぎが早いものがお肌への負担が少なくて済みます。低刺激性のものも多くありますが、全く刺激がないものではないので、

 

石けんで洗う時間は少なめに、すすぎの時間は倍以上

 

という気持ちで、時間をかけて石けんが残らないよう充分すぎるくらいのすすぎを意識しましょう。

 

もう大丈夫と思っても更にもう一回すすぐという意識を常に持っていることがすすぎ残しのない洗顔です。これはアトピーのお肌の人以外でも大切なことですが、お肌のトラブルに見舞われやすい方にはより注意が必要となってきます。

 

それは残った洗顔料によって更に肌トラブルを起こしてしまいやすくなるからです。

 

石鹸使用をお休みする勇気を

 

それから洗顔の回数ですが、朝と晩の二回で充分だそうです。

 

それ以上洗うことはお肌の乾燥に繋がり、アトピーのカサカサ肌の進行に繋がります。そして

 

症状が酷ければぬるま湯で洗うだけにして石けんでの洗顔をお休みする

 

です。きれいに洗った方が肌にはいいと思いがちですが、汗くらいならばぬるま湯で洗い流すだけで充分と言います。

 

そのときもゴシゴシとこすらず、何度もすすぐだけにしましょう。

 

温度にも注意をはらいましょう

 

この洗顔では、汚れ落ちがよいからと温度の高いお湯は絶対に使わないよう心がけましょう。肌の油分まで落ちてしまう高い温度のお湯はアトピー肌を悪化させてしまいます。これは入浴中のお湯の温度でも同じことです。肌を守る皮脂も全て落としきることはお肌にとって大敵です。

 

では洗顔に適した温度は何度くらいがよいのでしょう。それは30〜33℃くらいです。如何でしたか?アトピーのお肌への刺激の少ない洗顔の方法でよいお肌の状態を保つことが出来ると、あなたの洗顔石鹸の選択肢も増えるかもしれませんね。

 

ランキング人気洗顔石鹸はコレだ!


01


ビーグレン


100b

b1

公式

02


草花木果透肌


touki

b2

公式

どろ


どろあわわ


どろ

b3

公式