洗顔石鹸口コミ大調査!【おすすめランキング】

ttt

『あなたの洗顔選び、間違っていませんか?』

 

毛穴汚れがあるといくら良い美容液を使っても効果は半減?!でも潤いまで奪っちゃうキビしい洗顔料は論外!!古い角質や汚れをしっり落としつつ、潤いを守って洗い上げる理想の優秀洗顔石鹸を一緒に探してみませんか?
当サイトではランキング上位や話題の商品の口コミ体験談なども多数掲載しているので、自分にピッタリのものをチェックしてみて下さいね!

 

おすすめはコレ!洗顔石鹸ランキング

ranking


img

img


hyo1


img


↓お値段で迷ってる方にはお試しセットも!↓
>>ビーグレン毛穴ケア トライアルセット<<

 

ranking


img

img


hyo2


img

 

ranking


img

img


doroawawahyo


img



 

********************
↓「ランキングの続きがみたい!」という方はこちら!↓
>>結果発表★洗顔人気ランキング【おすすめは?】<<
********************

口コミ人気の洗顔石鹸の基礎知識

ひとことで『顔を洗う』といっても、様々なシーンで方法も変わってくるってご存知でしたか?ここではシーン別のポイントをご紹介しますので、覚えておいてくださいね。

 

 

◆ 朝の洗顔

 

あさ

 

朝は、夜のお手入れのクリームなどの油分と、眠って起きたときの汗などの皮脂をきれいに洗い流してさっぱりしたいものですね。

 

しかし、洗いすぎて、お肌の大切な水分まで奪ってしまったら肌あれや肌の乾燥、朝の洗顔のあとのメイクのノリが悪いなどトラブルにつながりかねません。ご自身の朝のお肌のコンディションでその方法も変わってきますが、基本的な朝のやり方は、ぬるま湯で2~3回顔をすすいでください。

 

このときの温度は32度〜34℃くらいがよいでしょう。朝はこれでもう充分という方もいらっしゃるかもしれませんが、やはり朝はさっぱりしたい!という方は、石鹸や洗顔フォームを利用してもよいでしょう。

 

このとき、ダブル洗顔(石鹸やフォームで2度洗いすること)は朝は洗いすぎになりますのでやめましょうね。やりすぎると逆効果になることを覚えておきましょう。

 

 

◆ 夜の洗顔

 

よる

 

夜は一日の終わり、メイクや日中の汗やほこりなどの汚れをきれいに落として、さっぱりしたいですよね。

 

事前にアイメイクを落とすために、ポイントメイクした場所をクレンジングしておくと、お化粧を落とすのが簡単になります。朝同様、ぬるま湯(32℃〜34℃くらいの温度)で2~3回すすいでから、石鹸、またはフォームで洗いますが、ここで、汚れがきちんと落ち切れないと感じた時は、ダブル洗顔をしましょう。

 

せっかく顔を洗っても、ファンデーションや口紅などの洗い残しによって、肌の汚れが残ったまま眠ってしまうと、様々な肌トラブルの元になりかねません。ここで、朝晩の洗顔時に共通する「ぬるま湯」についてお話しします。

 

なぜ"ぬるま湯"なのか・・・それは、水や熱いお湯では、きちんと顔を洗うという効果が損なわれるからです。水での方法は、朝や夏場は冷たくて気持ちがいいので、ついついそうしがちなのですが、水は肌を引き締める効果があるので、汚れを毛穴に封じ込めてしまいます。そもそも汚れを落とすことを目的としているためそれでは逆効果です。

 

そしてお湯ですが、ここで食器洗いを想像してみてください。油汚れを手早く落としたいとき、お湯で洗うとその効果がはっきりと感じられたことはありませんか?お湯は油分を落とすにはもってこいなのです。つまり洗顔時にお湯で洗うことは、お肌の油分をしっかり落としてしまいことになるのです。

 

お肌の持つ油分まで根こそぎ落としてしまうと、お肌は乾燥してしまいます。このことで、顔を洗うときの水の温度は、お肌の状態にとても関係があることがご理解いただけたと思います。こういった基礎知識を覚えておけば、あなたの毎日の美肌つくりがより確実に、そして楽しくなるかもしれませんね。

 

無添加・ニキビ・固形…ランキング人気の洗顔石鹸に期待することは?

きれいに顔を洗うということには汚れを落とすことだけにとどまらず、保湿や美肌効果、美白なども期待できるものとして今や洗顔がとても注目されています。

 

では洗顔石鹸に求められているので何でしょうか。

 

05

 

一番最初に挙げられるのは、洗い上がりのつっぱり感がないものがいいという声です。あのつっぱり感がないということは洗い上がりがしっとりしたものを求められているとも言えますね。では石鹸に配合されているものの中でしっとりするものとはなんでしょう。ローヤルゼリーやはちみつ、ヒアルロン酸、コラーゲン、シアバター、グリセリン、桃の葉、アロエ、米ぬかなど・・・配合されているものがあります。

 

洗い上がりの乾燥するお肌をしっとりさせること、これは何事にも譲れないこと。きちんと洗いながら保湿するというスタイルが人気のようです。

 

また、泡立ちのよさも求められています。泡で洗うことが大切をされるのが当たり前となった昨今、泡立ちの悪いものは、洗顔ネットなどを使って上手に泡立てたいものです。これなら少ない分量で多くの泡が立つうえ、ゴシゴシと擦らないで洗えるので負担も少なく良い点と言えます。しかし泡で覆っているので安心して長く洗いすぎるとお肌の水分、油分が奪われ、乾燥に繋がるので手短にやることがよいとされています。

 

その点から、適度な洗浄力の備わった石鹸が求められています。その成分の中で、界面活性剤などの合成洗剤の成分はお肌によくないとされているので注意したいところです。そして洗う手順の中でも泡切れのよさも石鹸に求められています。

 

洗ったあとは何度もすすいで洗い流すことが大切ですが、速い泡切れも肌への負担が違ってきます。これらを総合すると、石鹸に求めるものとしては、・・・・

 

◆ 洗い上がりのつっぱり感がない
◆ 泡立ちがいい、刺激が少ない
◆ 毛穴汚れもきちんと落とせる洗浄力が弱過ぎないもの
◆ 泡切れが良い、洗い上がりの保湿効果も

 

と、上記のような点があげられますね。でも総合的にそんな万能選手の石鹸があったら全ての人がその石鹸で事足りてしまいそうです。しかし、その石鹸もお肌のタイプによって善し悪しもあることから、人の数だけその選択肢はとても幅広いものになりますね。

 

さっぱりしたものがよいと感じる方には保湿成分がべたつくと感じることがあります。洗浄力が強く感じる場合は、かさつくと感じることがあります。さまざまなお肌のタイプにあって、一慨にコレ!と決められないのが洗顔です。

 

メーカーにはお客様相談室などお客様の声に常に耳を傾けています。使用後の感想や要望など、どんどん伝えることも手だと思います。その声がよりよい石鹸開発への近道にもなるかもしれません。そして洗顔石鹸への期待は今後もっと高まるかもしれませんね。

 

当サイトでも、ランキングや口コミなどでおすすめされている洗顔石鹸・フォーム・クレンジングの口コミを集めて紹介しております。気になる商品があればぜひ実際に使ってみた方の意見も参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

そしてなるべくなら自分のスキンタイプにあう商品、その中でも人気のある商品を試してみたいもの。口コミやランキング・体験談を元に、肌質別で評判の良いおすすめのものを紹介したページもあるので、選び方の目安にもなると思います。

 

更に耳寄りな情報や手作りや選び方など、質問が多い項目についても各ページで詳しく紹介しております。洗顔をもっと良く知って美肌作りに生かして頂ければと思います。ごゆっくりご覧くださいませ!

肌質で洗顔石鹸を選びたい人はこちら

keananikibikansou

 

binkanbihakunenrei

ランキング人気洗顔石鹸はコレだ!


01


ビーグレン


100b

b1

公式

02


草花木果透肌


touki

b2

公式

どろ


どろあわわ


どろ

b3

公式